一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会

English
メニュー
  • 会員・医療関係の皆さん
  • 医学生・研修医の皆さん
  • 一般の皆さん

一般の皆さん

専門医・相談医ってなに?

補聴器相談医に関するQ&A

質問
補聴器相談医の資格はどのように決められていますか?
答え 補聴器相談医は日本耳鼻咽喉科学会専門医の中から、決められた講習と実習を受講し、難聴者が適正な補聴器を利用できるように活動している医師に対して学会理事長が認定します。また6年ごとに決められた講習を受講し、資格を更新する必要があります。適正な補聴器を必要とする聞こえの悪い方のための専門医と言えます。
質問
あなたが“最近聞こえが悪くなってきた”と感じたら耳鼻咽喉科へ行き相談しますか?それとも街の補聴器販売店に行き相談しますか?
答え 手軽に補聴器販売店に行き相談する、と考える人は多いと思いますが、難聴には治せるものと治せないものがあります。治せないものが補聴器の適応となりますが、補聴器販売店ではその判断はできません。まずは補聴器相談医に相談し診察を受けてください。
質問
補聴器は簡単に選べるのでしょうか?
答え 補聴器は近視や老眼のメガネとは異なります。少し聞いただけで自分に合った補聴器を見つけることは困難です。個々の聴力や使う場所に合わせて細かな調整が必要です。詳しくは「補聴器のやさしい解説」を参照してください。
質問
近くの補聴器相談医を知る方法は?
答え このホームページから「都道府県別補聴器相談医」を検索することができます。直接近くの耳鼻咽喉科医院ないしは病院に電話をして補聴器相談医を確認してください。