一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会

English
メニュー
  • 会員・医療関係の皆さん
  • 医学生・研修医の皆さん
  • 一般の皆さん

学会について

理事長あいさつバックナンバー

バックナンバー 歴代理事長

ご挨拶

一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会 理事長 森山  寛

 平成28年5月に開催されました日本耳鼻咽喉科学会総会・理事会において、第17代日本耳鼻咽喉科学会理事長に選出され、2年間の学会の運営を任されました。

 日本耳鼻咽喉科学会は、明治26年2月に発足した東京耳鼻咽喉科会を源流として、今日まで123年間、耳鼻咽喉科・頭頸部外科学に関し、国民に良質な医療を提供すると共に国内外の学術振興に寄与してきました。現在では、関連16学会を有し、総会員数は10900名余であり、質の高い医師の育成のための専門医制度運営を行い、産業・環境保健、福祉医療(成人老年・乳幼児)、保険医療など社会医療にも熱心に取り組んでおります。また多くの学術集会・専門医講習会などの開催や和文・英文の学術誌を発刊しております。

 耳鼻咽喉科は、五感のうち、聴覚や言語など人間社会の発展や文化の形成に重要な臓器を扱う学問・診療領域です。平衡障害、聴覚障害、中耳炎、あるいは顔面神経の障害などの耳科学、副鼻腔の炎症や腫瘍、アレルギー、顔面外傷などの鼻科学、舌・口腔・扁桃疾患などの中咽頭、食道の入り口である下咽頭の疾患や睡眠時無呼吸を扱う咽頭領域、そして音声や嚥下に関係する喉頭領域を扱います。さらに頭頸部癌や唾液腺、甲状腺腫瘍を扱う頸部領域など対象となる疾患は多岐にわたるため、耳鼻咽喉科・頭頸部外科学(Otorhinolaryngology Head and Neck Surgery)と呼称されております。また幼小児から高齢者まで幅広い年齢層を診療する科であり、外科系でありますが内科的な側面もあり、手術的治療の多くは、機能再建外科となっているのが特徴であります。そして診断から治療まで一貫して関与できる科と言えます。

 本来、学会は、国民の健康増進を目的に、良質な医療を提供するための専門医の育成と質の向上、ならびに地域医療への貢献そして耳鼻咽喉科学(医学・医療)の発展に寄与する責任があります。また一方で、構成員である会員に対する責任があります。そのために診療、研究、教育、学会の在り方など、魅力ある耳鼻咽喉科になるための改革、すなわち学会員が等しく将来展望を共有できる改革のため、All Japan体制による学会組織と運営の強化刷新(継続性と新陳代謝)、総会・学術講演会、専門医講習会や関連学会などの在り方の再検討、専門医のレベルアップに向けての改革(新専門医制度への対応と有効活用)が急がれます。さらに将来の医療の在り方にマッチする診療形態へのシフト、耳鼻咽喉科志望者増加の方策、break throughとなる医学・医療の開発やseedsの発掘と援助を積極的に行ってまいりたいと考えております。

 歴代の理事長・理事会の努力により、充実した学会運営がなされてまいりましたが、急激な進歩・変化をとげている医学・医療や患者さんのニーズに対応するために、常に変革・改革が求められております。理事会一丸となって、国民そして会員の皆様の期待に応えるような活動を行いたいと考えております。皆様のご支援とご理解を何卒よろしくお願い申し上げます。

2016年6月29日掲載