一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会

English
メニュー
  • 会員・医療関係の皆さん
  • 医学生・研修医の皆さん
  • 一般の皆さん

委員会からのお知らせ

委員会からのお知らせ

全国軽度・中等度難聴児補聴器助成事業実態調査結果

 本結果は平成25年3月31日現在の身体障害者手帳を有さない程度の難聴児に対する補聴器助成事業のアンケート調査結果をまとめたものです。
 全国の福祉医療・乳幼児委員に対して行われた調査であり、行政に対して行った正式な調査ではありませんので、一部不確定な要素も含まれます。
 あくまでも今後地域での事業を要望する際の参考資料としてお使いください。

 4月1日から助成事業が開始されている場合などもこの結果には反映されていません。

 また、この調査結果に対するお問い合わせなどにはお答えしかねますので、ご了承いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会
社会医療部 福祉医療・乳幼児委員会

軽・中等度難聴児補聴器助成実態調査

H25.3.31現在

補聴器購入費用助成事業が行われている地域
県の事業として行っている 18
市町村単位で行っている 16
これから助成ができる 5
全く行っていない 9
48

【県の事業として行っていると回答した地域】
補聴器本体への補助内容
両耳補助が可能 16
片耳のみ補助 2

【県の事業として行っていると回答した地域】
一度購入補助を受けてから、再度買換えに補助が可能な場合
何年間隔があけば可能か
5年間隔があけば可能 14
未定 1
可能と回答しているが何年かは未記入 1
不可 1
不可と回答しているが、5年間隔あけば可能とも回答している 1

【県の事業として行っていると回答した地域】
イヤーモールド作成に対する補助
補助あり 14
補助なし 4

【県の事業として行っていると回答した地域】
修理費用の補助
補助あり 5
補助なし 13

【県の事業として行っていると回答した地域】
FM補聴器購入は助成の対象か
対象に入る 5
対象に入らない 12
未回答 2
2013年7月5日掲載