一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会

English
メニュー
  • 会員・医療関係の皆さん
  • 医学生・研修医の皆さん
  • 一般の皆さん

学会認定制度

専門医の更新について

新専門医制度における耳鼻咽喉科専門医の更新基準について(平成29年7月)

 基本領域の全診療科において一般社団法人 日本専門医機構による新専門医制度が導入される事に伴い、専門医認定更新についても、平成32年度から日本専門医機構が認定する新基準での認定更新となり、平成28年度から随時、新基準を基にした移行措置により認定更新が行われています。
 新専門医制度における耳鼻咽喉科専門医の更新基準の変更が平成29年6月6日付で一般社団法人 日本専門医機構により承認されましたので、新基準の詳細、移行期間中の更新基準、更新記録簿(診療実績の証明、エクセル様式)、を以下に掲載します。

一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会
専門医制度委員会

PDFを閲覧・プリントするには、Adobe Readerが必要です。
2017年7月19日掲載

平成29年度耳鼻咽喉科専門医更新の申請について

 一般社団法人日本専門医機構による新専門医制度に基づき、専門医の認定の更新を行いますので、該当者は下記要領により申請してください。

1.更新の対象者

平成24年度における新規専門医認定者および専門医認定更新者
(専門医認定証の認定期日が、平成30年3月31日と記載されています。)

2.更新基準

①1945年4月1日以降に出生の専門医
 (1)日耳鼻総会・学術講演会または日耳鼻専門医講習会に5年間で1回以上、参加していること。
 (2)旧基準(2013年4月1日~2016年3月31日までの3年間)の学術集会出席単位が150単位以上であること。
 (3)新基準(2016年4月1日~2018年3月31日までの2年間)で20単位以上を取得していること。

新基準 旧基準
1)診療実績の証明 2)専門医共通講習 3)耳鼻咽喉科領域講習 4)学術業績・診療以外の活動実績 1)~4)の合計 5)※
旧制度での単位
4単位
80症例/1年間
(H28年1月~H30年3月の期間中の2年間)
最小2単位
最大4単位
(必須3つのうち2つ)
(必須:医療安全、感染対策、医療倫理)
*H27年度日耳鼻専門医講習会(札幌)で開催された講習は有効
最小
8単位
0~4
単位
20単位
以上
150単位
以上

※旧基準が満たない場合は、専門医研修記録マニュアルの提出により補完項目で充足頂くか、新基準での単位に置き換えて(不足分の単位を5で割る)新規準に追加して取得してください。
(詳細は専門医制度Q&Aをご確認ください。)

②1945年4月1日以降に出生の専門医で診療実績の証明が免除される専門医
対象:連続して3回以上資格更新を行った専門医(学会専門医を含める)で専門医番号が1~9557までの専門医
  (1)日耳鼻総会・学術講演会または日耳鼻専門医講習会に5年間で1回以上、参加していること。
  (2)旧基準(2013年4月1日~2016年3月31日までの3年間)の学術集会出席単位が150単位以上であること。
  (3)新基準(2016年4月1日~2018年3月31日までの2年間)で16単位以上を取得していること。

新基準 旧基準
1)診療実績の証明 2)専門医共通講習 3)耳鼻咽喉科領域講習 4)学術業績・診療以外の活動実績 1)~4)の合計 5)※
旧制度での単位
免除 最小2単位
最大4単位
(必須3つのうち2つ)
(必須:医療安全、感染対策、医療倫理)
*H27年度日耳鼻専門医講習会(札幌)で開催された講習は有効
最小
8単位
0~4
単位
16単位
以上
150単位
以上

※旧基準が満たない場合は、専門医研修記録マニュアルの提出により補完項目で充足頂くか、新基準での単位に置き換えて(不足分の単位を5で割る)新規準に追加して取得してください。
(詳細は専門医制度Q&Aをご確認ください。)

③1945年3月31日以前に出生の専門医
 (1)新基準(2016年4月1日~2018年3月31日までの2年間)で16単位以上を取得していること。

新基準
1)診療実績の証明 2)専門医共通講習 3)耳鼻咽喉科領域講習 4)学術業績・診療以外の活動実績 1)~4)の合計
免除 最小2単位
最大4単位
(必須3つのうち2つ)
(必須:医療安全、感染対策、医療倫理)
*H27年度日耳鼻専門医講習会(札幌)で開催された講習は有効
最小
8単位
0~4
単位
16単位
以上

3.必要書類

  1. 専門医認定更新申請書(更新申請用紙A~E)(必須)
  2. 勤務形態の自己申告書(更新申請用紙F、G)(必須)
  3. IDカード申請用紙(必須)
  4. 専門医診療実績の証明80例(該当者のみ)
    手書き、PCでの作成、記載内容が判読できれば用紙のサイズは問いません。
    連続して3回以上資格更新を行った専門医(学会専門医を含める)で専門医番号が1~9557までの専門医は、免除されます。
  5. 専門医共通講習受講証明書(必須)
  6. 耳鼻咽喉科領域講習受講証明書(必須)
  7. 学校医の委嘱書のコピー(該当者のみ)
    1年間以上、学校医をされている場合は、4)学術業績・診療以外の活動実績の単位として2単位を取得できます。委嘱書のコピーを提出してください。(複数校の場合も2単位まで)
  8. 専門医研修記録マニュアル(該当者のみ)
    2013年4月1日~2016年3月31日までの3年間の学術集会単位が150単位に達していない場合は、提出することにより補完項目での単位を30単位まで取得できます。達している場合は提出の必要はございません。

4.更新料

 40,800円(IDカード作成料および日本専門医機構への手数料10,800円を含む)。

5.受付期間

 平成30年4月2日より同年4月24日まで(期日厳守)

6.提出先

  1. 上記3.必要書類は、所属地方部会長あてにご送付ください。
  2. 更新料40,800円は、本学会から郵送する振替用紙でお振込ください
〔注〕
  1. 今回の認定更新の対象となる専門医には必要書類と手続きに関する詳しい説明書を、各個人あてに来年1月下旬に郵送します。
  2. 更新の該当者が更新をしなかった時は、本年度末で専門医資格はなくなりますのでご注意ください。
  3. 認定更新の審査が終了し、新しい専門医認定証、新しい専門医IDカードをお送りするのは平成30年8月下旬の予定です。日耳鼻総会・学術講演会(平成30年5月)にご参加の際の専門医IDカード受付は、現在お持ちの専門医IDカード(認定満期2018年3月迄となっているもの)で対応いたします。この期間中はもちろん当学会専門医として取り扱われます。
2018年1月23日掲載

専門医の学術集会参加受付について

 第21回日本耳鼻咽喉科学会専門医講習会(平成19年11月17日(土曜日)~18日(日曜日))から、日耳鼻総会・学術講演会および日耳鼻専門医講習会の学術集会参加受付は、専門医証(IDカード)のみの受付となりますのでご注意ください。

2015年12月18日掲載