意外と知らない身近な耳鼻咽喉科・頭頸部外科
顔面神経麻痺

顔面神経麻痺ってどんな病気?

顔面神経麻痺をご存知ですか?

顔面神経麻痺は「顔がまがってきた」、「眼が閉じにくい」、「水が口からこぼれる」、「口の動きが悪くなる」など、顔の筋肉が動きづらくなる病気です。
年間、人口10万人あたり50人ほど発症するといわれ、2割以上に後遺症が残ります。ですので、毎年ほぼ1万人づつ、顔面神経麻痺後遺症の患者数が増えています。

顔面神経麻痺をご存知ですか?

顔面神経麻痺の原因は?

多くはウイルス性の神経麻痺

事故や外傷、外科手術の後遺症などで麻痺が生じる場合がありますが、その全体的な発症数は減っています。顔面神経麻痺は、朝起きたら顔が動かない、鏡を見たら顔が曲がっていた、というように急に生じる場合が多いのが特徴です。
中でも最も多いのは、「ベル麻痺」で約60%以上を占めています。
ほうれい線の溝が無くなり,口角が下がってしまうため、食物(特に液体)が口から漏れるという訴えが多く聞かれます。
次に頻度が多いのは「 ハント症候群」で約20%を占めています。耳の痛みや突然顔が動かしづらくなる症状が多く出ます。
「ベル麻痺」は、単純ヘルペスウイルスが関与し、「ハント症候群」は、水痘・帯状疱疹ウイルスの再活性化により発症することがわかっています。疲れやストレスで免疫が落ちると、おとなしくしていたウイルスが暴れだし神経を障害します。顔面神経麻痺はウイルスが顔の神経を襲ってくる病気と言えます。
いずれも、適切な初期治療を早期に行うことにより、8割の方がほぼ元の状態に戻る病気です。

原因疾患比率
原因疾患比率
愛媛大学調べ 1998~2017年の症例データより

治療の最も大切なポイント

キーポイントは発症3日以内の耳鼻咽喉科・頭頸部外科の受診

顔面神経麻痺はウイルス性のものが多く、早期治療は耳鼻咽喉科・頭頸部外科が担当しています。顔面神経麻痺は耳鼻科の外来で、原因の診断が可能です。顔面神経麻痺の原因が特定できると治療方法が決まります。回復には早期の原因特定が最も重要です。もしも顔面神経麻痺かもと思ったら、すぐにお近くの耳鼻咽喉科・頭頸部外科へ受診しましょう。耳鼻咽喉科・頭頸部外科では、原因の診断と程度診断が可能です。
耳鼻科への早期受診が重要な理由はこちら

顔面神経麻痺の治療

顔面神経麻痺の60%以上を占めるのがベル麻痺。ヘルペスウイルスが増えて麻痺が1週間程度は悪化するので、発症から3日以内に耳鼻咽喉科・頭頸部外科を受診することにより、麻痺の原因と重症度を正確に特定し、早期治療を開始することが重要です。

治療には経口や点滴によるステロイド薬や抗ウイルス薬によるものがありますが、重症度に応じて、鼓膜経由で神経に近い鼓室にステロイド剤を投与する方法があります。
この治療は耳鼻科でしかできません。この方法により、少ない投与量で副作用を抑えながら、効果的な治療が可能になってきました。

顔面神経麻痺相談医制度

新規発症の後、2割近い方は元の状態に戻らないため、毎年後遺症患者数は増えています。顔面神経麻痺から回復する患者さんを少しでも増やす目的で近く「顔面神経麻痺相談医」と「顔面神経麻痺リハビリテーション指導士」制度がスタートします。

麻痺からの回復を助けるために

顔面神経麻痺になり、症状が進むと顔の筋肉(顔面表情筋)が動かないので固まってしまいます。筋肉が硬くなってしまうと顔の動きは回復しません。筋肉がこわばる前に、正しいリハビリが必要になります。
患者さんの中には顔の筋肉を動かそうとして、低周波治療や鍼などによる電気刺激などに頼ってしまう方もいます。顔面神経麻痺の場合、顔面の筋肉を無理に動かすとかえって後遺症が重くなることがあります。
そのため耳鼻咽喉科・頭頸部外科では専門的に指導を行い、顔面のこわばりやひきつれの回復につなげていきます。

動かなくなった筋肉をほぐすマッサージや、温める治療、また顔の運動訓練などをリハビリテーションを耳鼻科でも専門的にサポートしていきます。患者さんの日常気をつけることなど、生活全般にわたってきめ細かくご指導していきますので、麻痺が残っている患者さんも、ぜひ耳鼻咽喉科・頭頸部外科へ一度ご相談ください。